株式会社かこ川商店

Category : かこ川の日常

廃材で作ろう!ビニール袋でダッシュ!恒例のあの遊びにチャレンジ

pc271181

こんにちは。

さて、年末!お正月ですよ!ということで

かこ川商店も年末年始のお休みに入ります。

が!何やら笑い声が聞こえるお昼休憩。

そう。お正月の恒例の遊びのアレですよ。

『家にあるもので凧揚げしよう!』

img_20161226_080409

とゆーことで、今回は凧揚げの凧です。

年末の大掃除で、捨てようか捨てまいか、

迷ってるあんなものが大活躍↓↓↓

Print

『簡単ビニール凧の作り方』

まず下の型紙の寸法でビニール袋を切ります。

型紙はこちらからダウンロード。

img_20161226_081724

次は切ったビニール袋に絵を描きます。

絵に自信のない方は

シールを貼ってもいいですし、

柄の入った可愛いビニール袋の場合は

必要ないです。

img_20161226_090500-3

ちなみに絵を描く場合は、

マジックが一番オススメです。

(写真の絵の具は、はがれる可能性大なので、、)

絵が描けたら裏面にして

骨になるストローをセロテープで固定します。

ストローは長さは継ぎ足します。

Print

両端は紐を通す部分になるので

粘着性のビニールテープなどを補強用に貼って

パンチで穴を開けます。

Print

穴あけしたら、

ビニール紐①1m50cmの両端を、それぞれの穴にくくり付けます。

img_20161226_094123

img_20161226_094211

通した紐の、ちょうど真ん中をくくって、

輪っかを作ります。

こんな感じです。

Print

完成!

img_20161226_094633

『あげてみよう。』

この凧、揚がるのか?ということですが、

その結果は?

スタッフの苦労の成果を

時系列でお伝えします。

Print

Print

Print

Print

2016年12月28日 7:40 PM  カテゴリー: かこ川の日常

廃材で作ろう。ダンボールのクリスマスツリー編

img_20161201_135917-2

こんにちは。

かこ川商店探検隊のモモタロウです。
今日のテーマはダンボール。
かこ川商店にある廃材も使って
人生初の\廃材クリスマスツリー/を作って
遊んでみたいと思います。

『準備するもの』

img_20161201_210054

・ダンボール
・クリスマスツリーの型紙
(こちらからダウンロードできます)

・カーボン紙
・ペンor鉛筆
・カッターorハサミ
・ボンド

『廃材クリスマスツリー作り方』

img_20161201_195737

①型紙をダウンロードして印刷(2枚)
②印刷した型紙の下に、カーボン紙、
ダンボールの順にセットして、
型紙の線をペンでなぞる。

img_20161130_211308
③ダンボールになぞった線の通りに切ります。
こんな感じにできました。

img_20161130_213709

ここからは、、自由です笑。
絵の具やクレヨンで、丸を描いたり、
ボーダーに塗ってみたり、
色紙や紐、布をボンドで貼って、
思いっきり遊んでください。
包装紙の絵とかを切り抜いて貼っても。

img_20161130_221331

img_20161201_135940

遊び疲れたころ、
2枚の切り込みを合わせて
完成です。

img_20161201_204102-2

余ったダンボールでこんなのも作りました。

img_20161201_091137

クリスマスオーナメント。
ダンボールや色厚紙に、
家に余ったカラー輪ゴムや
糸を巻きつけるだけ。
あと、ビーズなんかもあれば、
クリスマスっぽくなります。

『ダンボールがリサイクルされるまで』

Print
さて、私たちの生活に重宝するダンボール。
よく見ると、リサイクルできますよの
マークが入ってます。
(燃えるごみとは違うので、捨てる時は、
よく見て分別しましょう。)
そのあと、ダンボールはリサイクルのための準備にかかります。

15211517_1293889560632145_1530265115_n-2

こちらはかこ川商店の日常風景。
回収したダンボールが投入され、
ベルトコンベアて上に登り
下からプレスされて出てきます。

15239199_1293901950630906_1331106311_n

そんでこのキューブは

フォークリフトでトラックに運ばれ、
生まれ変わりの旅に〜
(製紙会社さんにお渡しします)
こんな感じで、一つのダンボールも
追っていると、いろんな過程があります。

『モノを大切にする気持ち』

このようにごみや廃材を分別して、
生まれ変わらせるのも、
ツリーのように違う用途として活用するのも、
モノを大切にするリサイクルですね。
家にあるものや、使わないモノで、
アイデアを出しながら、
リサイクルをもっと身近に楽しみましょ。
まずはクリマスツリーでお試しあれ。です。

img_20161201_204017

2016年12月1日 12:15 PM  カテゴリー: かこ川の日常

会社訪問(ナカダイ様)〜出張研修11日編〜

前回に引き続き、

11/10-11の一泊二日出張研修(会社訪問)のレポートをお届けいたします!

本日は朝から群馬県前橋市へ移動して、

(株)ナカダイ様の工場を見学させていただきます。

新宿から大宮へ出て、新幹線で高崎へ向かいます。

あっという間に高崎へ到着。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

前橋の工芸品であるというだるま様がお出迎えしてくださいました。

ここからは在来線で(株)ナカダイ様の工場の最寄駅である駒形駅へ向かいます。

駒形駅、なんとも閑静な駅前であります。

“なんか落ち着くな・・・・”

メンバーの一人が思わず呟いておりました。

さて、本日工場見学させていただく為に、

受付のあるモノ:ファクトリーへお邪魔します。

またしても、だるま様がお出迎えしてくださいました。

それでは工場見学開始!!

、、、なのですが、工場内は撮影NGの為、外観だけチラリ。。。

整頓・清掃が徹底されているため、

外から見ると産業廃棄物を取り扱っている会社にはとても見えません。

工場内もすごく綺麗にされており、

学ぶべきところがたくさんあると気付かされました。

工場の向かいにあるこちらのモノ:ファクトリーでは、

昨日の品川のショールーム同様、様々な廃棄物マテリアルを展示・販売しております。

せっかくなのでモノ:ファクトリーですることができる

ワークショップに参加させていただきます。

童心に帰り、黙々と…、キャイキャイと…、作業を進める一行。

思うようにいった者、いかなかった者、、、

各々作品を完成させて、楽しい一時を過ごしました。

(株)ナカダイの皆様、ありがとうございました!

高崎から東京駅へ向かう新幹線の中、昼食タイムです。

だるま弁当。

今日だけで何体のだるま様にお目にかかったことでしょう。

さようなら群馬、さようならだるま様、、、

早いもので、2日間の出張研修もこれにて終了!

東京駅から新幹線に乗り込み、会社のみんなや家族の待つ福山へ戻ります。

今回の出張研修、本当に勉強になることが多く、

現場の者は現場の目線で、事務の者は事務の目線で、

(株)ナカダイ様を拝見しつつ、

自社の未来を見つめることができたのではないかと思います。

この経験を少しでも日々の仕事に生かすことができるよう、

出張中に会社をしっかり支えてくれていた他の社員たちにも共有し、

今後の仕事も頑張っていきましょう!!

2016年11月14日 4:20 PM  カテゴリー: かこ川の日常

会社訪問(ナカダイ様)〜出張研修10日編〜

このたびかこ川商店の社員のうち4名が

11/10-11で一泊二日の出張研修(会社訪問)に参加してきました。

まずは初日10日のレポートでございます!

福山から新幹線に乗ること3時間半。品川に到着しました。

さ、寒いっ!! 

品川から京急線に乗って、(株)ナカダイ様のショールームがある青物横丁駅へ移動します。

駅から歩くこと約1分。(株)ナカダイ様のビルに到着です。

エレベーターに乗り、9階でドアが開きます、、、

ややっ!なんだか面白そうな雰囲気!

フロアには廃棄で入ってきた様々なマテリアルが所狭しと、

とはいえとても綺麗に分類されてディスプレイされています。

ナカダイスピリットを存分にお伺いさせていただき、

興味津々で廃材ディスプレイを拝見させていただくこと、

なんと2時間以上!

長い時間、本当にありがとうございました!!

様々なお話を伺うことができ、

弊社の課題なども含めたくさん考えさせられる、

貴重な時間を過ごさせていただくことができました。

翌日の工場見学にも期待が膨らみます。。。

ショールームを後にすると、外はもうだいぶ日が落ちています。

さ、さっきよりもっと寒い!!!

そそくさと宿泊先のある新宿へ移動し、

今日の振り返りをしつつ、しっかりご飯を食べ、明日に備えます。

ひとまず初日、お疲れさまでした!!!

(11日編に続く)

2016年11月14日 1:25 PM  カテゴリー: かこ川の日常

捨てるだけじゃない!かこ川商店のお仕事 レトロなクリーニング店編

Print

こんにちわ。

かこ川商店探検隊のモモタロウです。

今日はこちらの現場からリポートです。

「(ガガガ・・)聞こえますかー?モモタロウ隊員」

「はい。ミドリ隊長。聞こえます」

「現場の様子を教えてください。」

Print

PrintPrint

謎の物体:「ようこそ。お越しくださいました。」

モモタロウ隊員:「君は誰だ??」

謎の物体:「久しぶりのお客様に会えて嬉しいです。

そうですね。まずは自己紹介もかねて、私の中に招待します(ゴゴゴ・・・)」

Print

Print

Print

「そう。僕はクリーニング屋さんの洗濯機。

だけど時代が変わるにつれ、僕よりもずっと効率のいい、新しい機械が増えたんだ。

クリーニング屋さんもチェーン店のような新しい形に変化してきて。

昔ながらのお店が減ってきたんだ。僕も用無しになった。」

「そっかあ。なんだかもったいないね。寂しいね。」

「僕を捨てにきたんでしょ?もう使えないから」

「・・いや、そうじゃないよ・・」

その時!

なんと!かこ川社長だ!!!

Print

社長:「そう。かこ川商店の仕事は、ただ捨てるだけじゃない。

廃棄物と言われるものでも、まだまだ使えるものはたくさんある。

僕たちは君のような、必要ないと思われているものを必要ある形に変えるため、

正しく分別し、リサイクル業者さんへ送り出す。生まれ変わりのお手伝いもしているんだよ。」

洗濯機くん:「そうなんだ!生まれ変わって、またたくさんの人に出会えるんだね」

Print

Print

Print

めでたし。めでたし。

みなさんも、大切なものを使わずにそのままにしておくより、

かこ川商店に託して見ませんか?モノたちも喜んでくれるはずです。

回収してほしい、廃棄物でちょっと困ってることがある、

かこ川商店にお気軽にご相談ください!

Print

2016年10月31日 12:59 PM  カテゴリー: かこ川の日常

10月29日は!秋祭りに欠かせない○○を作りまーす!

Print

こんにちは。

かこ川商店探検隊のモモタロウです。

img_20161016_133236

ただいま、製作中でございます。

あまり話しかけないでください。

今いいところなんです。

『ぜーんぶ廃材』

しかし、廃材というのは面白いもんですね。

金ボタンは目に。

img_20161016_133702-2

 

この糸なんか、昔の少女漫画の巻き髪みたい。

img_20161016_133657-2

素材が本来の役目から引き離されて廃材になった瞬間

可能性は無限大。

何にでも変身できます。

ちなみにこれは、全てかこ川商店に集まった廃材です。

img_20161016_133316

じれったいな。何を作ってるんだ?

まあまあ、もうすぐできるのでちょっとお待ちを。

暇つぶしに、昔話でもどうぞ。(希望者のみ)

Print

『できちゃいました。』

そんな話をしている間に

できてしまいました。

img_20161016_133608

プロレスのマスクではありません。

鬼の面です。

ちなみに福山の”コウモリマーク”が顔に入ってます。(どこだかわかるかな?)

ゴミでこんな面白いことができるなら

なんか今まで普通に捨てていたものまで

「まだ何かに使えるかな?」と思うようになりますね。

『自分だけのお面を作ろう!』

%e3%82%b9%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%b3-166

さて、この鬼の面作り。

みなさんも作れちゃいます!!

10月29日(土)第1回ふくやま城秋祭りにおいて

福山の”コウモリマーク”をテーマに、福山のおにの面作り教室やります。

会場は福山城公園内、時間は14:30分からです。

廃材からいろんなアイデアを膨らませて、

芸術の秋楽しもう。

会場では他に、おもちつきや、太鼓教室、着付けなど、

秋の風情を楽しむ体験がたくさんです。

ぜひぜひ。

Print

 

 

 

 

2016年10月16日 7:25 PM  カテゴリー: お知らせ, かこ川の日常

川にかかった鉄製の橋を撤去しました!

かこ川商店のOne Stop Recycle!

先日、川にかかった鉄製の橋を撤去させていただきました。

これが、ご依頼の橋でした。

まずは、 周りの草木と柵を撤去して、
端からすこしづつ
モルタルを剥がしていきます。

その後、鉄骨鉄板を「ガス切断機」で
バラバラに解体して撤去

あ!

橋がすっかりなくなりました!
そして、鉄はきちんと資源リサイクル。

ご依頼、ありがとうございました。

2016年10月13日 10:13 AM  カテゴリー: かこ川の日常

大興奮!かこ的ビフォーアフター 〜パンチの無いフォークリフト編

Print

こんにちは。

かこ川商店探検隊のモモタロウです。

朝、ミドリ隊長からこんな手紙が届きました。

Print

とゆーことで

現場から突撃リポートです。

『イケメンの正体とは!』

誰なんだろう?

あたりをチラチラ。

img_20160827_100531-2

・・・・うーん。

わからない。

そのときっ!!!!

Print

そうかも!!

いや、間違いない。

これぞ大本命だ!!!!

Print

なんてカラフルな!

仕事ぶりもいいですねえ。

かっこいいっ!

Print

 『大興奮!!かこ的ビフォーアフター』

実は彼、以前は深刻な悩みを抱えていました。

というのが

「何かパンチが足りない。」

Print

以前の彼です。

彼の悩みを解決しようと立ち上がったのが

色彩の魔術師の異名を持つ匠たち。
Print

間違えた。スタッフです。

そのおかげでパンチの足りないことで知られていた彼は

すれ違った誰もが振り向くような存在に。

『イケメンの理由は?』

みなさんご存知のように

イケメンのイケメンたる理由は見た目だけではありません。

彼の最大の魅力は、とっても力持ちだということ。

例えば、1200kgのこんなキューブも軽々と動かして

製紙会社のトラックに運んだり

img_20160827_095855

新聞、雑紙、ペットボトル、プラスチック。

1トンなんてお手のものです。

まあ、そんなわけで

イメチェンした彼は

当分の間、かこ川商店の女子の心をわし掴みしそうです。

1475265390419

2016年10月1日 5:09 AM  カテゴリー: かこ川の日常

あなたの知らない缶のトリビア

Print

こんにちは!かこ川商店探検隊のモモタロウです。

過ごしやすい季節になってきましたが 、

やっぱり昼間はちょっと暑く、ぐびぐびジュースでも飲みたいこの頃です。

 

『何が違う?アルミ缶とスチール缶』

さて先日、かこ川商店でおもしろい光景を見かけました。

img_20160827_095307

ナイアガラの滝にも似た威厳すら感じるような存在感。

ぺちゃんこにプレスされるんですね。

はて・・?

ここでモモタロウはあることに気づく。

そういえば捨てる時、スチール缶とアルミ缶に分別してるけど

何か違いがあるのかな・・?

その時、空から・・・あ。ミドリ隊長だ。

何かヒントをくれてるみたい。Print

『こんな理由です』

つまりはこうゆうことらしいのです。

Print

熱いものに強く、変形しにくい頑丈なスチール缶と

冷やす効果が高く、変形しやすいけどコストが低いアルミ缶。

中に入れるものによってこの2つの缶の性質を使い分けてるんだそう。

何気なく飲んでる缶ジュースにもこんな秘密があるんですね。

『正しく分別しよう』

と、ゆーことで、缶を捨てる時は、どっちかな?と確認が大事ですね。

正しく分別すれば、リサイクルできる大切な資源になります。

かこ川商店の回収箱に捨てる時は ビニール袋などから出して 捨ててくださいね。

10903972_775674975841743_4447337468400395348_o

終わりは、

本日のかこ川社長で締めくくらせていただきます。

img_20160827_100241

2016年9月15日 12:20 PM  カテゴリー: かこ川の日常

紙のはてな 〜かこ川商店リサイクル講座①雑紙〜

かこ川商店 雑紙1

こんにちは!かこ川商店探検隊のモモタロウです。
本日は、私たちの身近な紙についての分別のはてなのお話。

『紙は、リサイクルできる!』

さて、先日掃除をしていた時
モモタロウはテッシュの空箱にこんなマークを発見しました。

「・・なんだろう、これは。まあいいか、捨てちゃえ。」
その時、かこ川商店探検隊、ミドリ隊長がやってきた。

Print

知らなかった。

『雑紙の見分け方』

このマークに分類されるリサイクルできる紙を集めてみました。

こんなにたくさん。

これ、全部リサイクルできるんだ。
今までゴミとしてしか見てなかったけど、ちょっと見る目が変わってきます。

ちなみにリサイクルマークが入っていないものもあります。
名刺やプリント用紙、これは覚えておかないと!

『雑紙の出し方』

ある程度の量になったら、
バラバラにならないように紐でまとめるか、紙袋に入れて、かこ川商店へGO。

※ティッシュ箱の取り出し口や、
窓付きの封筒などのビニールの部分は後ろからビリっと剥がしてください。
※食品などの汚れがあるものは、燃えるゴミに捨ててください。

かこ川商店の入り口付近にある、「雑紙」と書かれた大きな回収箱に入れておわりです。Print

『分別を楽しくしていくには??』

でもこの分別、自分で続けられるかな。

めんどくさがりのモモタロウは思うわけです。
そこでちょっとこんな実験。

2016-08-18 11.52.53

好きな紙袋を使って
楽しく分別。

まずは身近にある小さなことを楽しみながらするエコライフ、
みんなでやってみよう。
みなさんのちょっとしたお手伝いがあれば、
もっともっと私たちの未来も地球の未来も明るく広がっていくはずです。

2016年8月30日 8:03 PM  カテゴリー: かこ川の日常

1 4 5 6 7

荷受・計量時間のご案内
8:00〜17:00

休憩時間:昼12:00〜13:00 / 午後15:00〜15:15(常時オープンのエコステーションもあります)
定 休 日:日・祝
住  所:広島県福山市神辺町川南636-1

GoogleMAPを表示

お問い合わせフォームをご利用ください。弊社の担当者が、後ほど連絡いたします。なお、お問い合わせの前に「個人情報の取り扱いについて」をご覧ください。

お客様専用ダイヤルまでお電話ください。弊社の担当者が、直接お話を伺います。


お問い合わせ内容について (必須)
お問い合わせ内容 (必須)
お名前 (必須)
メールアドレス (必須)
メールアドレス確認用 (必須)
TEL (必須)
会社名(法人の方)
住所