株式会社かこ川商店

Category : かこ川の日常

10月29日は!秋祭りに欠かせない○○を作りまーす!

Print

こんにちは。

かこ川商店探検隊のモモタロウです。

img_20161016_133236

ただいま、製作中でございます。

あまり話しかけないでください。

今いいところなんです。

『ぜーんぶ廃材』

しかし、廃材というのは面白いもんですね。

金ボタンは目に。

img_20161016_133702-2

 

この糸なんか、昔の少女漫画の巻き髪みたい。

img_20161016_133657-2

素材が本来の役目から引き離されて廃材になった瞬間

可能性は無限大。

何にでも変身できます。

ちなみにこれは、全てかこ川商店に集まった廃材です。

img_20161016_133316

じれったいな。何を作ってるんだ?

まあまあ、もうすぐできるのでちょっとお待ちを。

暇つぶしに、昔話でもどうぞ。(希望者のみ)

Print

『できちゃいました。』

そんな話をしている間に

できてしまいました。

img_20161016_133608

プロレスのマスクではありません。

鬼の面です。

ちなみに福山の”コウモリマーク”が顔に入ってます。(どこだかわかるかな?)

ゴミでこんな面白いことができるなら

なんか今まで普通に捨てていたものまで

「まだ何かに使えるかな?」と思うようになりますね。

『自分だけのお面を作ろう!』

%e3%82%b9%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%b3-166

さて、この鬼の面作り。

みなさんも作れちゃいます!!

10月29日(土)第1回ふくやま城秋祭りにおいて

福山の”コウモリマーク”をテーマに、福山のおにの面作り教室やります。

会場は福山城公園内、時間は14:30分からです。

廃材からいろんなアイデアを膨らませて、

芸術の秋楽しもう。

会場では他に、おもちつきや、太鼓教室、着付けなど、

秋の風情を楽しむ体験がたくさんです。

ぜひぜひ。

Print

 

 

 

 

2016年10月16日 7:25 PM  カテゴリー: お知らせ, かこ川の日常

川にかかった鉄製の橋を撤去しました!

かこ川商店のOne Stop Recycle!

先日、川にかかった鉄製の橋を撤去させていただきました。

これが、ご依頼の橋でした。

まずは、 周りの草木と柵を撤去して、
端からすこしづつ
モルタルを剥がしていきます。

その後、鉄骨鉄板を「ガス切断機」で
バラバラに解体して撤去

あ!

橋がすっかりなくなりました!
そして、鉄はきちんと資源リサイクル。

ご依頼、ありがとうございました。

2016年10月13日 10:13 AM  カテゴリー: かこ川の日常

大興奮!かこ的ビフォーアフター 〜パンチの無いフォークリフト編

Print

こんにちは。

かこ川商店探検隊のモモタロウです。

朝、ミドリ隊長からこんな手紙が届きました。

Print

とゆーことで

現場から突撃リポートです。

『イケメンの正体とは!』

誰なんだろう?

あたりをチラチラ。

img_20160827_100531-2

・・・・うーん。

わからない。

そのときっ!!!!

Print

そうかも!!

いや、間違いない。

これぞ大本命だ!!!!

Print

なんてカラフルな!

仕事ぶりもいいですねえ。

かっこいいっ!

Print

 『大興奮!!かこ的ビフォーアフター』

実は彼、以前は深刻な悩みを抱えていました。

というのが

「何かパンチが足りない。」

Print

以前の彼です。

彼の悩みを解決しようと立ち上がったのが

色彩の魔術師の異名を持つ匠たち。
Print

間違えた。スタッフです。

そのおかげでパンチの足りないことで知られていた彼は

すれ違った誰もが振り向くような存在に。

『イケメンの理由は?』

みなさんご存知のように

イケメンのイケメンたる理由は見た目だけではありません。

彼の最大の魅力は、とっても力持ちだということ。

例えば、1200kgのこんなキューブも軽々と動かして

製紙会社のトラックに運んだり

img_20160827_095855

新聞、雑紙、ペットボトル、プラスチック。

1トンなんてお手のものです。

まあ、そんなわけで

イメチェンした彼は

当分の間、かこ川商店の女子の心をわし掴みしそうです。

1475265390419

2016年10月1日 5:09 AM  カテゴリー: かこ川の日常

あなたの知らない缶のトリビア

Print

こんにちは!かこ川商店探検隊のモモタロウです。

過ごしやすい季節になってきましたが 、

やっぱり昼間はちょっと暑く、ぐびぐびジュースでも飲みたいこの頃です。

 

『何が違う?アルミ缶とスチール缶』

さて先日、かこ川商店でおもしろい光景を見かけました。

img_20160827_095307

ナイアガラの滝にも似た威厳すら感じるような存在感。

ぺちゃんこにプレスされるんですね。

はて・・?

ここでモモタロウはあることに気づく。

そういえば捨てる時、スチール缶とアルミ缶に分別してるけど

何か違いがあるのかな・・?

その時、空から・・・あ。ミドリ隊長だ。

何かヒントをくれてるみたい。Print

『こんな理由です』

つまりはこうゆうことらしいのです。

Print

熱いものに強く、変形しにくい頑丈なスチール缶と

冷やす効果が高く、変形しやすいけどコストが低いアルミ缶。

中に入れるものによってこの2つの缶の性質を使い分けてるんだそう。

何気なく飲んでる缶ジュースにもこんな秘密があるんですね。

『正しく分別しよう』

と、ゆーことで、缶を捨てる時は、どっちかな?と確認が大事ですね。

正しく分別すれば、リサイクルできる大切な資源になります。

かこ川商店の回収箱に捨てる時は ビニール袋などから出して 捨ててくださいね。

10903972_775674975841743_4447337468400395348_o

終わりは、

本日のかこ川社長で締めくくらせていただきます。

img_20160827_100241

2016年9月15日 12:20 PM  カテゴリー: かこ川の日常

紙のはてな 〜かこ川商店リサイクル講座①雑紙〜

かこ川商店 雑紙1

こんにちは!かこ川商店探検隊のモモタロウです。
本日は、私たちの身近な紙についての分別のはてなのお話。

『紙は、リサイクルできる!』

さて、先日掃除をしていた時
モモタロウはテッシュの空箱にこんなマークを発見しました。

「・・なんだろう、これは。まあいいか、捨てちゃえ。」
その時、かこ川商店探検隊、ミドリ隊長がやってきた。

Print

知らなかった。

『雑紙の見分け方』

このマークに分類されるリサイクルできる紙を集めてみました。

こんなにたくさん。

これ、全部リサイクルできるんだ。
今までゴミとしてしか見てなかったけど、ちょっと見る目が変わってきます。

ちなみにリサイクルマークが入っていないものもあります。
名刺やプリント用紙、これは覚えておかないと!

『雑紙の出し方』

ある程度の量になったら、
バラバラにならないように紐でまとめるか、紙袋に入れて、かこ川商店へGO。

※ティッシュ箱の取り出し口や、
窓付きの封筒などのビニールの部分は後ろからビリっと剥がしてください。
※食品などの汚れがあるものは、燃えるゴミに捨ててください。

かこ川商店の入り口付近にある、「雑紙」と書かれた大きな回収箱に入れておわりです。Print

『分別を楽しくしていくには??』

でもこの分別、自分で続けられるかな。

めんどくさがりのモモタロウは思うわけです。
そこでちょっとこんな実験。

2016-08-18 11.52.53

好きな紙袋を使って
楽しく分別。

まずは身近にある小さなことを楽しみながらするエコライフ、
みんなでやってみよう。
みなさんのちょっとしたお手伝いがあれば、
もっともっと私たちの未来も地球の未来も明るく広がっていくはずです。

2016年8月30日 8:03 PM  カテゴリー: かこ川の日常

会社訪問(ナカダイ様)

6月、株式会社ナカダイ品川ショールーム様を訪問しました。

エレベーターを降りると迎えてくれる信号機。

全体写真です。異世界に迷い込んだようです。

色々な商品が展示されています。

アルミやプラスチック容器、

色とりどりのビン、

ガラス等。

そんな素敵な商品に囲まれて、私が一番気になったのがこちらです。
LANケーブルの被膜材。

無線LANやWi-Fiの普及によって、将来的にはなくなってしまいます。
廃棄物は時代によって変化するのだと感じることが出来ました。

ナカダイ様を訪問することで、弊社の新たな可能性を感じることが出来ました。
とても貴重な経験をすることが出来た1日でした。

2016年7月6日 8:42 AM  カテゴリー: かこ川の日常

会社訪問(アースサポート様)

先月、アースサポート株式会社エコウェル京浜島工場に訪問しました。

発泡スチロールの溶融処理を行っているとの事。

入荷した発泡スチロール

こちらの機械を通って、

出てくるとこうなっています。

続いて金属の圧縮設備と、廃プラの圧縮・梱包設備を見学しました。
まず入荷された廃棄物はここに降ろされます。
仕切りで分けられている右側が廃プラ、左側がビン・缶と
大まかに分けられているようです。

建屋の右側には廃プラの圧縮・梱包設備がありました。

投入口から入れられた廃プラは、

こちらの選別場にて手作業で分別されます。

選別された廃プラは、排出口から排出されます。

次に、建屋の左側にはペットボトルの圧縮設備とスチール缶・アルミ缶の圧縮設備が
一体になっているものがありました。

投入口から投入されたものから、まずはスチール缶が圧縮されて出てきます。

その次は、ペットボトルが圧縮されて出てきます。

次はビンが選別され、

最後にアルミ缶が選別されて出てくるという流れになっていました。

自社設備とは違う設備や処理方法を目にすることが出来て、
大変参考になりました。

2016年7月6日 8:39 AM  カテゴリー: かこ川の日常

1 6 7 8

荷受・計量時間のご案内
8:00〜17:00

休憩時間:昼12:00〜13:00 / 午後15:00〜15:15(常時オープンのエコステーションもあります)
定 休 日:日・祝
住  所:広島県福山市神辺町川南636-1

GoogleMAPを表示

お問い合わせフォームをご利用ください。弊社の担当者が、後ほど連絡いたします。なお、お問い合わせの前に「個人情報の取り扱いについて」をご覧ください。

お客様専用ダイヤルまでお電話ください。弊社の担当者が、直接お話を伺います。


お問い合わせ内容について (必須)
お問い合わせ内容 (必須)
お名前 (必須)
メールアドレス (必須)
メールアドレス確認用 (必須)
TEL (必須)
会社名(法人の方)
住所