株式会社かこ川商店

稲作日記2019~種まき~

かこ川商店では
会社がある片山町内の方々に
「かこ川商店があってよかった」
と信頼を寄せていただけるような
”道の駅”を目指して
地元に密着した活動を展開しています!

田んぼでの米作りも
もっている土地を
しっかり活用したい
片山町内の稲作を知りたい
そんな想いでスタートしました</p

先日、かこ川商店の田んぼに植える
稲の苗づくりの
お手伝いにいってきました
この日は片山町内の方が5名が集まり
共同で苗づくりをされるとのこと

s-P5141261

種まきで活躍するのが
このベルトコンベア-のような機械!

苗箱に土を入れてセットすると
自動で種をまいてくれるのです!

s-P5141270

▲まず苗箱に土を入れ

s-P5141273

▲へらを使って均一にします

s-P5141263

▲苗箱を機械にセットすると水がかけられ

s-P5141262

▲種もみがまかれます

s-P5141256

▲最後に土が被せられ箱苗完成

かこ川商店の田んぼの苗も
一緒に作っていただき
今日作った箱苗は全部で160箱!
だいたい20箱で1反分だそうなので
おおよそ8反分の苗に相当します

約1時間半ほどで
種をまく作業は終了

次は種もみを発芽しやすい
環境にセットしていきます

s-P5141278

▲隣の畑にひと箱ずつ丁寧に並べ

s-P5141298

▲ビ二ールを被せます

s-P5141300

この苗を運ぶ作業
少人数だとかなり大変とのことでした

IMG_3263

▲ここで一旦休憩のお茶タイム
「昔は田んぼの畔でおにぎりを食べていたよ」
「あれはおいしかったな~」と
昔の話をして下さいました

その他休耕田が増えたという片山町内の話から
食品アレルギ-の話まで
話題はとても多岐にわたりました

さて、作業再開です!

s-P5141309

▲次は先ほどビ二ールを被せた上に
トンネル状の骨組みを作り
さらにビ二ールを被せ

s-P5141310

▲パイプと土でビ二ールを固定
これで苗のセットは完了

二重にすることで
中に温かい空気の層ができ
さらに発芽しやすくなるのだそうです

苗箱を畑に並べている間に
種まき機や作業場のお掃除

s-P5141277

▲間に挟まった種もみをとり

s-P5141289

土を落としてきれいにし
来年もよろしく!と
農小屋にきちんと
収納されていきました

田植えをする前の
この苗づくりの作業が
大変だけども、とても重要
機械の維持や苗置場の確保など
ひとりでは難しいことは
何人かで協力することで
課題をクリアしながら
稲作を続けておられる姿がありました

今日の作業は全部で3時間ほど
これから5日ほどで芽が出て
その後は毎日朝昼晩水やりをし
苗を育てていくのだそうです

私たちがおいしい
お米をいただける背景には
見えない苦労がたくさんあるのだと
改めて感じた一日でした

2019年5月25日 9:10 AM  カテゴリー: かこ川の日常, 道の駅ブログ〜地域活動〜




engage


会社説明会申し込みフォーム

インディードの求人

荷受・計量時間のご案内
8:00〜17:00

休憩時間:昼12:00〜13:00 / 午後15:00〜15:15(常時オープンのエコステーションもあります)
定 休 日:日・祝
住  所:広島県福山市神辺町川南636-1

GoogleMAPを表示

お問い合わせフォームをご利用ください。弊社の担当者が、後ほど連絡いたします。なお、お問い合わせの前に「個人情報の取り扱いについて」をご覧ください。

お客様専用ダイヤルまでお電話ください。弊社の担当者が、直接お話を伺います。


お問い合わせ内容について (必須)
お問い合わせ内容 (必須)
お名前 (必須)
メールアドレス (必須)
メールアドレス確認用 (必須)
TEL (必須)
会社名(法人の方)
住所