株式会社かこ川商店

Category : 新着情報

お米づくり2022

今年もお米づくりの時期になりました!
お米づくり2022の記録を更新していきます。

2022/6/10

○田植え○
苗を植えていきます。
植える際、トラクターの操作は
車の運転とはまた感覚が違って難しいです。


トラクターで植えれなかった部分は
手で植えていきます。
田んぼの中での歩き方も普段とは違い
一歩、歩くだけでも一苦労。
かかとを上げるようにすると軽い力で
田んぼから足を抜くことができました。



 

2022/6/7

○苗の購入○
青々とした若葉が風に
心地よく揺られています。
これからの成長が楽しみです!

 


2022/6/6

○代掻き○
朝からの雨も上がって雲の間から
太陽がのぞいています。
かこ川メンバーもトラクターの操作を
教えていただきながら代掻きに挑戦です!

 


2022/5/9

○草抜き○
際の草木はトラクターでは耕せないので
手作業で抜いていきました。

○基肥○
この工程をすることでお米が甘くなります。
大きく腕を動かして広範囲にまいていきました。

○耕し○
肥料を土に混ぜ込み
土に均一に馴染ませていきます。
同時に草の根を切っていくことで
雑草の成長を抑制します。

2022年6月8日 1:50 PM  カテゴリー: かこ川の日常, 道の駅ブログ〜地域活動〜

「ひろしましろひ」開催!コミュニケーションの形は様々!

2022年5月4日(土)

広島トヨペット福山西店にて
CLIP HIROSHIMAさん
主催のイベント
「第7回”ひろしましろひ”福山市と北広島町」
いよいよ当日です!

エリアの準備完了!
どんなお客様が来るのかしら?とワクワク

すると、

朝礼一緒にいかかがですか?と
お声がけいただいたので、もちろん参加!

皆様、ピシッとした立ち姿に大きなお声!
元気の良い朝礼に圧倒されました。

弊社とはまた違う雰囲気の朝礼でした。
(各企業様の朝礼特集などあったらちょっと見てみたい)

「本日はよろしくおねがいします!」
挨拶をして、

いよいよワークショップ始まりです!

今回のワークショップは、
福山の企業様から頂いた端材で
バッチ作りの体験です。

もう使われなくて
廃棄されてしまう予定だったものたちが
素敵なバッチに変身〜!

こちらはワークショップ体験
第一号のお客さまの作品です。
作ったバッチはお孫さんに贈るそうです。
お孫さんがどんなものが好きかしら?
「かわいいのがいいね」と
つくられていました。
とっても愛を感じるバッチは
お孫さんにとっても、
お孫さんを思いながら作った
お客様にとっても大切な宝物ですね。

こちらの立体的な作品は
小さな少女によって生み出されました。
お花のような布の中には
宝石のように輝く
大粒のビーズが隠されております。

こちらの作品は
お抹茶のデザートを意識されたようです。
3つはらりとビーズを並べて
お抹茶によく合う
胡麻をのようにアクセントを
黒蜜ときな粉ものせて
なんだかお腹が空いてまいりました。

素敵な作品を見ていたら
私もバッチを作りたくなってまいりました。
いざ、ワークショップを体験!

さて、本日ワークショップのスタッフとして
学生さんが手伝いに来てくださいました。
学生さんの斬新なアイデアを見てみたい!
ということで看板パワーアップのお願いしました。

さらに、今回のイベントについての
note
書いていただきました!
文章を書いてくださった佐藤さんは、
福山市立大学で
フリーペーパーを作成する
FOLKLORE
というサークルで活動しています!

 

ではここで、
本日のイベントに
一緒に出店されていた皆様をご紹介!

丘の上のつるばら屋さん
緑が心地よい空間で
並んでいる植物たちもいきいきとしていました。

あさひベーカリーさん
幸せいっぱいで笑顔になれるおいしさでした。
どれを選んでも大正解!全種類をたべてみたい。

28CAFÉ&KITCHENさん
メニューはどれも本格的で
福山にちなんだ限定メニューもありました!

この度の「ひろしましろひ」で

素敵な企業様を知ることができました。
笑顔が溢れる出会いに感謝でございます。

ぜひ、皆様も足をお運びして、
ワクワクを共有してくださると嬉しいです!

また、
ワークショップで生み出された作品からは
話すだけでは知り得なかった
その人の”好き”や思い、個性が溢れていました。

食べるもの、育てるもの、作るもの
”もの”から感じることは言葉とはまた違う
素敵なコミュケーションだなと感じました。

 

2022年6月8日 12:35 PM  カテゴリー: かこ川の日常, ワークショップ

「ひろしましろひ」ワークショップで参加します!

6月4日(土) 10:00-15:00

広島トヨペット 福山西町店 にて、
CLIP HIROSHIMAさんが
主催されるイベント

「第7回ひろしましろひ福山市と北広島町」で

わくわくワークショップ!


福山のものづくり企業の
端材を使用して
アップサイクルを楽しむ
バッチ作りの体験ができますよ〜!

 

『ひろしましろひ』とは、

「広島」を知ろうという日。
広島の地域同士がつながって、
広島をもっと知ってもっともっと感じて、
広島を楽しみ尽くそう!

というイベントです。

地域と繋がれる
素敵なコンセプトのイベントに
参加させていただけて
とてもわくわくしております!

 

福山西町店では、かこ川商店と一緒に

28CAFE&KITCHENさん
あさひベーカリーさん
丘の上のつるばらやさん

が出店されます!

 

その他にも

「店舗オリジナル宝くじ」

の配布もあります✨
※枚数には限りがございます。
当選発表は10日~12日で行います。
お近くのスタッフまでお声かけください。

 

福山の魅力が
盛り沢山なイベントに
ぜひ遊びにきてください!

2022年5月17日 1:20 PM  カテゴリー: かこ川の日常, ワークショップ

資源回収密着で発見!

みなさんこんにちは!

今回、資源回収のご依頼に
入社してはじめて参加し
現場を体験しました!

本日は3件の資源回収があり

①拠点回収
②コンテナ回収
③お持ち込み

どれも回収方法がちがうのです。
回収方法が選べるってすごい!

回収方法によってどんな流れで
どんな特徴があるのか
ご紹介していきます。

では出発!の前に

まず本日の予定について
社内で流れを確認していきます。
確認作業でテンポが変わる、
これも大切な時間ですね!

さて

いざ出発!

①拠点回収

まず一件目
当日の朝、会場に向かい
資源回収が始まる前に
分別カゴを設置します。

クレーンでカゴを設置していく様子

資源回収の開始時刻になり
地域の方々が回収した資源が
次々と会場へ運ばれてきました。

車から運び出した資源を
新聞・チラシ、本・雑誌、
アルミ缶、段ボール
それぞれのカゴに分別していきます。
車から運び出した資源を
それぞれのカゴに分別していきます。

アルミ缶の袋には
たまにスチール缶が
入っていることがあるので注意。
一度袋から出して確認していきます。

説明を詳しくせずとも
一人一人が自信を持って
流れるように動いている!

ポンポンとカゴに入れていく様子は
なんだか素敵で、気持ちが良かったです!

とてもテンポ良く
あっという間に
終えることができました!

回収後利用者様からは、
時間ぴったりに来てくれて嬉しい!
投げて入れるのが良かったと
言っていただけました!
(画像にしても良いかも)

②コンテナ回収

2件目!

まず資源回収がある前日に
コンテナをセッティングします!

資源回収終了後、
ご連絡していただき
設置していたコンテナの
回収に向かいます。

コンテナ回収に向かう車は
アームロールというトラックです。

こちらのアームロールは
大型のトラックよりも
小回りが効くので
会場に行く途中に
細い道がある場合でも
回収に向かうことができます!

突然なのですが
コンテナって
そもそもどうやって積んでいるの?
荷台にのせるのか?
という疑問が浮かんだのですが、

なんと後ろに積むコンテナは
取り外しが可能なんです。
はめると車とコンテナが
一体化しております!
働く車は工夫がいっぱいで
面白いですね~

では回収後の積荷は
どうおろしていくのかしら?

この車はコンテナを
取り外せるだけで終わらない。
コンテナを斜めに
傾けることができます!

そのため
コンテナに山盛りに入った積荷を
クレーンで持ち上げたり、
手で一つずつ下ろしたりせず
一度に積荷降ろすことが
できるので時間を
短縮できるんですよ〜!
優秀な車員について
熱く語ってしまいました。

コンテナ回収では
屋根やシャッター付きも選べるので
雨の日でも対応できますよ!

③お持ち込み

3件目!

集めていただいた資源を
お客様に直接弊社へと
お持ち込みをしていただきます。

業者の手間がかからないため
買取価格もアップ!

と金銭面だけでなく
回収後の資源たちを
少し見ることができるのも
これまた魅力!

大量の缶を大きい袋から

ズサーーーッ

と出していくときに
私もお客様も「おぉーー!!」と
思わず歓声が上がっておりました。

いつも体験しないことを
直接見れるというのは
ワクワクしますよね!

さて、みんなで集めた資源は
その後いったい
どうなっていくのでしょうか?

たくさん集めたから大量の資源たちで
溢れてしまわないのかしら?

では、弊社での工程の
続きを見てみましょう!

回収したものはこちらの

”ベーラー”
という機械でギュギュギュッと
プレスしていきます。

集めた資源たちを流し入れると

ずんずんと登っていきます。

プレスされてでで来ました!

段ボールもギュギュギュッ!

プレスすることで体積を減らせるので
一度に運べる質量が増えて効率化!

その後各会社に運んで
リサイクルされていきます。
新たなモノの素材として
生まれ変わります!

さて今回、資源回収について
ご紹介しましたがいかがでしたか?

地域で協力して達成感!

資源回収の依頼ってどうすればいいの?
とお困りの方は弊社にお任せ!
お気軽にご相談ください!
詳しいメニューについては
こちらから

2022年5月17日 12:00 PM  カテゴリー: かこ川の日常

2022ふれあい農園

ワクワク枝豆植え!

2022年 5月7日 土曜日

ふれあい農園では
枝豆の苗の植え付けを行いました!

枝豆植え方についての記録を
皆様にもご紹介。

 

①まず、苗を植える位置を決めていきます。

土を盛りあげている列を
畝(うね)と呼びます。
(畑初心者なので
専門用語を学び中でございます。)
今回は1畝(いっせ)に
2列で苗を植えていきます。

一方を基準となる列に決めて、
20~30cm間隔で
ポットに入った苗の株を
並べていきます。


もう一つの列はの苗は
基準の列の苗の間に来るように
位置を決めていきます。

 

②位置が決まったら植え付けを行います。


ポットに入った苗の土と
高さが同じくらいの穴を畑に掘ります。
(今回のポットの大きさは
拳ぐらいの大きさでした。)

 

③ポットから苗を取り出していきます。


指の隙間に茎を通して
ポットを覆う様に持ち、
逆さまにひっくり返します。
ポットの下には
中央に穴が空いていますので
その穴から指で押して出していくと
苗がスポッと抜けます!

 

④先ほど畑に掘った穴に、
ポットから出した苗を植えていきます。


周りから土を被せてたら


最後にワンポイント!
苗を中心に円を描きます。
この一手間で水捌けが良くなります。

全て植えたら

ジャジャーン!
植え付け完了です!

畑仕事で体を動かした後の
達成感はとても心地よいです!

ご飯は生きる糧、源ですから
普段自分が食べている食品たちが
どうやって育つのか知っていくのは
とても大切なことですね。

自治会の皆様にとても優しく
教えていただいたので
私もしっかり学んで
この喜びを次に
繋げていきたいです。
しっかり覚えていくぞ!

今後も成長について更新していきます!

今後の予定はこちら!

2022年5月16日 11:56 AM  カテゴリー: かこ川の日常, 道の駅ブログ〜地域活動〜

1 2 3 4 87



engage


会社説明会申し込みフォーム

インディードの求人

荷受・計量時間のご案内

8:00〜17:00※入荷受付は16時30分までとなります。

定 休 日:日・祝
住  所:広島県福山市神辺町川南636-1
※常時オープンのエコステーションもあります

GoogleMAPを表示

お問い合わせフォームをご利用ください。弊社の担当者が、後ほど連絡いたします。なお、お問い合わせの前に「個人情報の取り扱いについて」をご覧ください。
個人情報の取り扱いについて >>

お客様専用ダイヤルまでお電話ください。弊社の担当者が、直接お話を伺います。

営業時間 8:00〜17:00[日・祝除く]
※入荷受付は16時30分までとなります。


    お問い合わせ内容について (必須)
    お問い合わせ内容 (必須)
    お名前 (必須)
    メールアドレス (必須)
    メールアドレス確認用 (必須)
    TEL (必須)
    会社名(法人の方)
    住所


    ▼LINK▼