株式会社かこ川商店

Category : ワークショップ

お家のモノとコラボ!網引小学校でワークショップ

1月25日、先週から引き続き

網引小学校にて

ワークショップを行いました。

お家から持ってきたものとの

コラボ作品づくり!

みんなどんなもの

持ってきたかな??

DSC_0314
こんなのー!

と元気よく見せてくれました。

箱や筒、ペットボトル

ボタンや瓶!

などいろいろ。

***

さて早速

DSC_0317

材料選び!

DSC_0335

班ごとに分かれて

制作スタート!

DSC_0333

こうしたら

いいんじゃない?とか

お話ししながら

作ります

IMG_2459

ホットボンドは

先生のところに来てねー!

と並びます

IMG_2457

そして、

自分の作品に使った廃材・端材の

会社の名前をちゃんとメモ。

***

「有限会社中村金襴工場」

これはなんと読むの?

「ゆうげんがいしゃ

なかむらきんらんこうじょう」

だよ。って確かにまだ読めないよね!

今度はちゃんとふりがなを

つけよう!と思います。

***

福山にある、ものづくりの会社を

知ってもらうことも

このワークショップの目的の一つ。

先生がちゃんとメモを取る様に!

と声をかけてくださり

感謝です。

さて、そろそろ出来上がった様です。

DSC_0354

看板の前でパチリ!

DSC_0374

おっきなカメラ!

DSC_0386

瓶に毛糸を巻き巻き

留るのが

難しそうだったけど

無事完成!!

***

後日、作品集になるのが

楽しみです☆

DSC_0397

みんな、楽しんでくれて

ありがとう!

お揃いのバンダナがカッコいーね。

DSC_0402

環境について学ぶ機会が

たくさんの網引小学校

未来は明るいぞう!

2019年1月29日 3:37 PM  カテゴリー: ワークショップ

みんなでゴミを考えよう!網引小学校で出張授業行いました

かこぶろ1

リサイクルの仕事に日々携わる

私たちだからこそ、

伝えられることがあります。

今回は、1月17日に

福山市立網引小学校で行った

出張授業の様子をお届けします。

かこぶろ2

昨年の9月に、

わくわくワークショップを

させていただいたこともあり、

今回、そのご縁で

リサイクルについての授業を

させていただくこととなりました。

かこぶろ3

リサイクルに普段から熱心に

取り組まれている学校ということで

昨年は、なんと!

「リデュース・リユース・リサイクル

推進協議会の会長賞」

も受賞されたそうです。

とゆうことで

かこ川商店のスタッフも少し緊張ぎみ。

Print

元気なこどもたちの声が

たくさん集まってきたところで

授業スタートです。

かこぼろ5

ごみってなんだろう?

かこぶろ6

最初のテーマは、とても素朴。

『ごみってなんだろう?』

社長:「みなさん、この中でごみだと思うものは

どれですか?」

授業プレゼン用20190117_ページ_06

全部ごみにも見えるけど、

そうでもないような気もしたり・・

こどもたちも意見もいろいろです。

かこぶろ7

社長:「こうゆうことってない?

僕は(私は)まだ使おうと思ってたのに、

お母さんがゴミだと思って

捨てちゃったとか」

生徒さん:「あるある!!」

かこぶろ8

社長:「そんな風に、

自分はゴミだと思ってるけど

別の人から見たら

ゴミじゃないこともあるよね。

誰かにとって、不要なものでも

他の誰かが必要としている。」

かこぶろ8

スタッフも聞いていて、

とてもわかりやすいなあと思いました。

ごみと聞いて、

「単に捨てるもの」ではなく

「誰かが必要としてるもの」としての

認識を持つことはとても大切です。

知ってる?3つの工夫「3R」

かこぶろ6

ごみを減らすためにできる

3つの工夫3Rというのを

聞いたことがある方もいると思います。

リデュース・リユース・リサイクル

かこぶろ9

生徒さんにも、すぐに反応が。

「こないだ習ったばっかり!」と

たくさん手を上げて、答えてくれました。

Print かこぶろ11

かこ川商店の仕事を例として、

こどもたちにわかりやすく、

説明させていただきました。

授業プレゼン用20190117_ページ_24

●リデュース=ごみを減らす

ごみを分別して資源となるものを

取り出すなど。

Print

●リユース=繰り返し使う

まだ使えそうなものを

他の人につなぐ。

授業プレゼン用20190117_ページ_27 のコピー

●リサイクル=資源にして、

もう一度使えるようにする。

かこぶろ12

アップサイクルという言葉も

最近注目されてきています。

授業プレゼン用20190117_ページ_31

社長:「これは、かばんに見えるけど、

実は消防ホースを使って作ったかばん。」

出典 http://shop.patina-japan.jp/

かこぶろ15-01

アップサイクルとは、

リサイクルの進化版。

廃材や使わなくなったものを

新しい素材や、より良い製品に変換して

価値を高めることです。

こどもたちも初めて知ったようでした。

 ごみを減らさないといけないのはなぜ?

授業プレゼン用20190117_ページ_19

そもそもなぜ、ごみを減らす必要があるのか?

ということも、大切です。

福山市の1年間で出るごみの量は?

答え:C. 約150,000t

これを1人あたりの量で換算すると

876g

社長:「つまり一人あたり1日に

876gのごみを出してるってことですね。

毎日こんな量のごみが出たら、

どうなると思う?」

かこぶろ15-01

かこぶろ16-01

埋め立て処分場が少ない。

地球温暖化が進む。

地球の資源がなくなるなど。

さまざまな問題が出てきます。

かこぶろ17-01

ごみを減らす=資源を大切にする

それが私たちが住む地球を

大事にしていくことにつながり、

私たちの未来にも

つながっていきます。


かこぶろ18-01

 リサイクルのために、できること

授業プレゼン用20190117_ページ_29

きちんと分別することによって、

リサイクルできるものはたくさんあります。

私たちがちょっと気をつけるだけで

「単なるごみ」から「大事な資源」に

変えられます。

かこぶろ19-01

授業では、身近なものを例に、

リサイクルできる資源には

どんなものがあるのか?

そしてそれを分別するときに、

どんなことに気をつければいいか?を

ワークシートで、

みんなに書いてもらいました。

かこぶろ19-01

かこぶろ20-01

アルミ缶などはきれいに洗って、

飲み残しがないようにする。

ダンボールや新聞、本などは、

同じ紙でもリサイクルの過程が違うので、

種類別に分けて、きっちり縛り、

町内の資源回収に出すなど。

こどもたちの普段やっていることの

おさらいにもなってくれたら

嬉しいです。

資源回収を役立てよう!

授業プレゼン用20190117_ページ_38

今、資源回収でお金を貯めて、

地域貢献や、親睦を深めるための

イベントに還元する町や、

災害の大変だった地域に

寄付したりの使い方も増えていて、

資源回収からたくさんの

ステキな人の関係性が生まれています。

かこぶろ27-01

学校で資源回収を頑張るみんなに、

「資源回収で得られたお金で、

何ができる?何がしたい?」

というテーマで

自由に考えてもらいました。

かこぶろ22-01

かこぶろ22-01

「地域の川をきれいにしたい。」

「通学路にカーブミラーを。」

かこぶろ22-01

かこぶろ24-01

「学校のフェンスをなおす!」

「学校の壁がはがれてるからペンキで塗る!」

「災害のあったところに募金したい。」

「本を増やす。」かこぶろ24-01

「車椅子の新一年生の

教室のために使いたい。」

「AEDを学校に置きたい。」

「本を増やす。」

などいろんなアイデアが出てました。

かこぶろ30-01

かこぶろ31-01

学校や身の回りのこと、

こどもたちはいろいろ見て

考えてるんだなあと思いました。

先生たちも、

なるほどなあといった様子で、

楽しく聞いていただけたようです。

網引小学校のリサイクルへの取り組み

かこぶろ28-01

最後に、かこ川商店から、

ペットボトルで作られた

軍手をプレゼント。

ちょうど明日、みんなで機械を使って

空き缶を潰す作業をするそうで

軍手が必要だった!とのこと。

こどもたちも歓声をあげて、

喜んでくれました。

かこぶろ30-01

この日の授業はこれで終わりですが

今週の金曜日は、同じ生徒たちに

わくわくワークショップを行います。

楽しみですね。

さて、今回なによりびっくりしたのが

リサイクルについて

とても熱心なこどもたちと先生方

そして学校の取り組みでした。

かこぶろ36-01 かこぶろ37-01

かこぶろ38-01

かこぶろ39-01

こどもたちが頑張っているのを見ていると

私たちも励みになります。

大人になっても

今熱心に勉強していることを、

大切にしてほしいなあと

心から思います。

今回の授業が思い出に残って

くれたらうれしいですね。

伝えることの大切さ

今回、授業では、

ごみや資源、3Rにまつわる話など、

手短ではありますがお話させていただき、

またワークシートを使って

こどもたちに考えてもらいました。

こどもたちに、どうわかりやすく伝えるか。

普段はワークショップのみが多いですが

こうゆう、ごみや資源、リサイクルの話を

授業として行うことは、

わたしたちにとっても

新鮮でした。

私たちの仕事は、ごみを仕分けて、

資源に変える。

これは、地球に生きてる一人一人が

みんなで協力しないと、

できないことだと思います。

かこぶろ40-01

だからこそ、

ごみや資源、リサイクルのことを

こどもたちをはじめ

よりたくさんの人に伝えていくことも、

私たちにしかできない

大事な仕事なんだなと改めて感じました。

またこうゆう機会があれば、

ぜひチャンレンジしたいです。

最後に、網引小学校の先生方、

生徒のみなさんに

本当にありがとうございました!

かこぶろ35-01

 

 

2019年1月23日 5:33 AM  カテゴリー: かこ川の日常, ワークショップ

人をつなげるワークショップへ~お遊びキャラバン隊 IN 南方に参加!

お遊びキャラバン隊-08

お遊び-01

クリスマスも間近となった

12月22日(土)に

三原の南方コミュニティセンターにて

出張わくわくワークショップを

行いました!

12

「遊viva学viva三原

お遊びキャラバン隊 IN 南方」

というこのイベントは、

三原市のボランティアや、

県立広島大学をはじめとした

学生さんが集まり

今年の豪雨災害で被災された

広島県三原市の子どもたちを

元気にするために企画されました。

クリスマスに、廃材を使って

なにか子どもたちが

楽しめるようなことはできないか・・

三原市社会福祉協議会の柳原さんから

連絡をいただたのをきっかけに、

県立広島大学の山西先生と

お話をさせていただき

今回、出張ワークショップとして

お手伝いさせていただくことに

なりました。

 子どもたちの笑顔溢れる場

お遊びキャラバンー-09

会場の南方コミュニティセンターは

緑に囲まれ、自然豊かなすてきな場所です。

会場の体育館に入ると

すでにたくさんの子どもたちが

元気に走り回っていました。

お遊びキャラバン隊-09

お遊びキャラバン隊-10

Print

トランポリンや、ブランコ、

ダンボールで作られた迷路など、

子どもたちが夢中になる遊びがたくさん。

今回で8回目となるそうですが、

子どもたちや、そのご家族、

ボランティアに来られた方の、

和気あいあいとした様子に、

信頼関係というか、

しっかりとした一つのコミュニティが

できているんだなと思いました。

 

自由な発想でツリーの飾り作り

お遊びキャラバンー-14

今回はクリスマスということで、

かこ川商店では、廃材を使って、

クリスマスの飾りを作ろう!

というテーマで、

来た子どもたちに、

自由に遊んでもらいました。

こどもたちが、時折来ては作り、

またブランコに乗ったり、

子どもが思いっきり遊べる場所です。

Print

PC220124最初は、遊具に全身全霊で夢中に

なってる子どもたちを見ながら

こちらに作りに来てくれるかな・・と

若干心配しましたが(笑)

ボランティアの皆さんの

さりげない誘導もあり、

たくさんの子どもが、興味津々に

集まってくれました。

お遊びキャラバンー-01

Print

Print

今回も

特に決まった作り方というのは用意せず、

子どもの自由な発想を

存分に発揮してもらいました。

Print

お遊びキャラバンー-15

お遊びキャラバンー-20

お遊びキャラバンー-19

お遊びキャラバン-03

お遊びキャラバンー-12

お遊びキャラバン隊-12

お遊びキャラバン隊-04

新しいものや、

出来たものに溢れている時代だからこそ、

今あるもので、

工夫して楽しむことを伝えたい。

ゴミとなって終わりではなく

工夫次第で新しく生まれ変わる、

そのサイクルの存在も

子どもたちに直に感じてほしいなと思います。

お遊びキャラバンー-17

お遊びキャラバンー-18

お遊びキャラバンー-16

お遊びキャラバン隊-16

お遊びキャラバン隊-19

ボランティアスタッフさんのおかげで

たくさんのツリーの飾りができました。

かこ川商店のワークショップは

ここで終わりですが

この日の午後、クリスマスパーティーで

作ったものをみんなで飾って

お祝いするそうです。

ワークショップ後には、

ボランティアさんが用意してくれた

手巻き寿司を

子どもたちと一緒に

ご馳走になりました。

Print

Print

とても美味しかったです!

廃材を通してつながりを

お遊びキャラバン隊-21

今回、感じたことは、つながりの大切さ。

この周辺は、豪雨の災害はひどく、

水があふれ、土砂崩れも起き、

本当に大変だったそうです。

会場に向かう最中も、

川に土嚢が積まれていたり

工事をしていたりの風景も

目にしました。

来てくれた子どもたちの中にも、

そのときの不安を

今でも抱いてる子もいるようです。

Print

Print

PC220130

集まったお母さん同士で、

久しぶりの話がはずんだり、

子どもたちもボランティアさんと

慣れ親しんだ様子で

一緒にツリーやクリスマスの飾りを

作っているのを見ながら、

日頃から

このような心の拠り所となる、

安心する場、存在が

本当に大事であるなと思いました。

お遊びキャラバンー-05

かこ川商店の、わくわくワークショップも

そのような、人と人をつなげるためのきっかけや

コミュ二ティ作りの一環として

なにかできることがあるかもしれないと

勉強させていただきました。

PC220122

お遊びキャラバン隊の皆様

楽しんでくれた子どもたち、お母さん

ありがとうございました。

お遊びキャラバン隊-07

2018年12月24日 2:20 PM  カテゴリー: ワークショップ

ご来場に感謝!!すまオレフェスタ2018ご報告

かこ川ブログ すまおれ

10月20・21日に、

福山ビッグローズで開催された

すまオレフェスタ2018に、

今年も出展させていただきました!

すまオレフェスタとは

「すまいのことなら、オレたちに任せとけ」を

合言葉に、

福山で活躍する”住まいと暮らし”に

関する企業が集まり、

来場された方が楽しんでいただくような

ブースをそれぞれ展開しながら、

地元の企業をもっと身近に感じていただくイベントです。

10507146_1499976443632294_3149347564364035990_o

12184113_1499975996965672_3509628272360929831_o

すまオレのfacebookページはこちら

開始早々、大にぎわい

かこ川商店は今年も様々なコーナーをご用意。

どのコーナーもたくさんの人で

賑わいました!

PA200952

PA200980

 

『社長の実演コーナー』

 

受付では、社長が廃電線の解体を実演!

(ちょっと照れ臭そうです)

Print
かこ川ブログ すまおれ

 

キッズコーナー/資源探しゲーム

 

家の中で何が資源になるのか、

楽しく学べるコーナー。

「資源ってなに?」と言う子供たちの

素朴な質問に、説明する難しさも感じました。

Print

Print

 

『わくわくワークショップ』

 

ダンボールハウスを、

端材などでデコレーション。

みんな夢中になって、

切ったり貼ったりしてくれました。

こどもの自由な発想力は、無限大です。

Print

PA200940

PA200990

 

『廃材を使ったガーランド作り』

 

株式会社 明和さんとコラボ企画の

ガーランド作りも

大人にも子どもにも大人気。

PA200971

PA200970

株式会社 明和さんへのお問い合わせはこちら

 

『相談カウンター』

 

ゴミに関する困りごとや、要望など、

生活の中のちょっとした疑問や気づきなど、

楽しくお話ししながら、

ヒアリングをしました。

これからに活かせるヒントも

たくさんいただきました。

かこ川ブログ すまおれ

かこ川ブログ すまおれ

 

『パネル展示/廃棄物の展示』

 

古いお鍋や、金物など

かこ川商店で扱うことができる廃棄物などを

パネル展示や、

廃棄物の現物を展示しながら

お伝えしました。

みなさん興味を持って聞いてくださって

とてもうれしかったです。

PA200960

 PA200953

 

すまオレフェスタを終えて

昨年に引き続いて出展させていただいた、

すまオレフェスタ。

自社の取り組みを

地元に暮らすたくさんの人に知っていただける

このような機会はとっても貴重です。

PA200931

今年も会場には、

インテリアや車、電気、屋根・瓦・・

さまざまな専門性をもった

地元の企業さんが集まり

会社の取り組みや製品を、

工夫を凝らしたディスプレイで伝えたり

体験や出し物をしたりと、

どのブースも人だかりができ、

熱気に包まれていました。

11893901_1499976446965627_1549498294162944598_o

PA200988

かこ川ブログ すまおれ

さまざまな企業さんの、見せ方や伝え方などに

刺激を受けながら

また、来場された皆さんとお話をしながら

「ごみのことなら

かこ川商店に聞けばわかるよ!」と

頼られるような親しみ安い存在を

目指していきたい!と思いました。

来場してくださった全ての方々、

ありがとうございました!

かこ川ブログ すまおれ

かこ川ブログ すまおれ

2018年10月23日 6:33 PM  カテゴリー: ワークショップ

わくわくワークショップ第23回体育館でのびのび!@網引小学校レポート

みなさまこんにちは!
そしてはじめまして!
箱田あきと申します。

今年の春に福岡からやってきました。
これからちょくちょくブログにも
登場するとかと思いますので、
どうぞよろしくお願いします。

さて、廃材から新たなものを生み出す取り組み、
かこ川商店の「わくわくワークショップ」。

今回は新市町網引小学校の
PTAサークル部のみなさまに
お声かけをいただきまして、
出張してまいりました。

網引小学校は、
3R=「リユース」「リサイクル」「リデュース」の
取り組みに力を入れられており、
「ペットボトルをリサイクルすると何になる?」と
子供たちに尋ねると、
「洋服!」と見事に答えてくれました◎
「ペットボトルは洋服になる資源」そんな考えが
子供たちにとっては当たり前のようです(^^)

180929_ws_02

体育館の真ん中に、
スタッフでせっせと材料を並べていると、
「これなん!?」「きれいー!」と、
すでに子供たちは興味津々、
さわりたくてうずうずの様子!参加者全員が揃い、
PTA会長さん、校長先生からご挨拶いただき、
いよいよワークショップスタートです!

180929_ws_03

180929_ws_05

180929_ws_04

みんな思い思いに好きな材料のもとへ。

木材で家をつくったり、
布でお弁当をつくったり、
アクセサリーをつくったり。

なんと自分で材料や裁縫道具を
持参している子もいました!

180929_ws_06

180929_ws_07

180929_ws_08

180929_ws_09

180929_ws_10

そんな中、「なんも思い浮かばーん!」
「なんでそんなに上手いんー?!」と
苦戦している子も。

180929_ws_11

それでも、お母さんやお父さんに
アドバイスをもらいながら、
一生懸命、思い描いているものを形にしていました。
既製品にはない「使い方を考える」ということ。
無限の可能性をもつ廃材ならではですね。

みんなできたかな~?と様子をみてまわっていると
…!ジョ○―○ップ?!

180929_ws_12

ではなく、廃材で自分自身をメイクアップ!

こっちには鎧をまとった勇者が…!

180929_ws_13

うーん、子供ってすごい!と本当に思いました。

最後にみんなで作品とともに記念撮影

実は、網引小学校でのワークショップは
もともと7月に予定されていたのですが、
豪雨災害の影響で2ヶ月延期しての開催でした。

今もまだ爪痕が残る中、
こうしてみんなでワークショップができることは、
大変ありがたいことです。

みなさん、これからも3R活動、
よろしくお願いします!

ちなみに、この日は家庭にある
ペットボトル回収も同時開催。
サークル部、参加者のみなさま、
ご協力、ありがとうございました!

はこだ

2018年10月9日 9:50 AM  カテゴリー: ワークショップ

わくわくワークショップ第22回  子供と作ろう  廃材で「おしゃれバードハウス?!」

目も眩むような日差しの

パワーがふりそそいでいます

2018822日(水)

13451530

わくわくワークショップを行いました!

今回の参加者様は、

「ブログを見ました!」と

うれしい、お問い合わせを頂いた

ご家族の方たちです。

ありがとうございます(*u*v

材料をみて

「何つくろ~♪」

と、声が聞こえてきました

今回、人気だった廃材は

木材♡

細長いのと

うす~い木材をボンドで

ペタペタ~

インテリアの出来上がり withはらぺこあおむし

そして

ひもを使って、好きな文字を

おしゃれに飾ってます

「(踊る方の)バレーが好きなんですよ」

と、お母さんが見つめていました

子供の「好きなこと」を

再確認した、親子の時間のひとときでした♡

また

木材に両面テープを貼り

小さなビーズを乗せていました

「細かい作業がすきな子なんで・・・」と

隣にいたお母さんが呟いていました

子供の性格が作品にでますね!

と、お母さん同士も盛り上がっています

そして、そして!!!

今回一番の巨大作品

ジャーン♪

「鳥の巣が作りたい♡」

お孫さんとおばあちゃんの力作です!!

最高です♡

家でも作りたい!!

言ってくださいました。

福山のものづくりの会社から

「つかわないよ」と

頂いたものが

リサイクルされた瞬間ですね

ワークショップを通じて

福山のものつくりの企業や

リサイクルの事

いろんな魅力を知ってもらえたら

うれしいです

子供たちに、感想を聞くと

『材料がいろいろ変身したのが楽しかった』

『いらない物ですごいのができた!!』

子供の集中力と創造力

未来へ託したいと思いました♡

また、参加してくださいね!

2018年8月23日 2:46 PM  カテゴリー: ワークショップ

わくわくワークショップ第21回 にじいろ様コラボ企画 〜空飛ぶ車登場!?〜

暑さが増し「夏」がやってきましたね

2018年7月23日(月)
13:45~15:30

今回のワークショップは かこ川商店 2階で開催しました

fullsizeoutput_5b

参加者は小学生と中学生☆ 初めての場所で緊張の様子 (((●’エ’)-ドキ★

最初に材料のお話をしました

『福山にある物作りの企業のいらなくなった物を 材料としてます』

すると、子供たちが、

『ごみじゃないじゃん!!』

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

『めっちゃ使える♡』

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

テンションが上がってきました!!

次に材料選びp(・ん・)q

車を作りたいと、思った子供は、

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

まず、タイヤ選び。次にボディーを手にとりました。

『とにかくやろう!!何か思いつく!!』

友達同士で相談しながら制作します。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

タイヤの中に廃材でホイルを作りを上手にはめる子供たち♡

『空飛ぶ車!』

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ボディーの左右に羽根を付けたり、想像力豊かです すごい集中力!!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2個目の制作するお友達もいました。

『帽子をつくりたい」!!』

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

見本の帽子を片手に同じ材料はないかな?と

真剣に選びました

手際よく制作し、2個目も完成!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

とても、うれしそう♡

出来上がったものがこちら

感想を聞くと

『ハサミで切るのが楽しかった!!』

『ボンドやテープで貼ったりするのが楽しかった!!』

子供たちの作りたい!!が形になった時の 笑顔は素敵でした♡

また参加してくださいね!

わくわくワークショップの出張も

行っております。

ぜひ!!


〜番外編〜

工場見学の話

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ワークショップ前に

かこ川商店の工場を見学しました

大きなカゴにダンボールや新聞や本が 入っているのをみながら

「おうちで分別してる人~?」 と尋ねると、

大きな声で 「はい!!」と

手をまっすぐあげてくれる子が いました。

すばらしいですね d(><)グッ!!

ゴミだと思っていても

「分別することで資源になります」と

お話をすると、すごく感心していました。

2018年7月24日 2:07 PM  カテゴリー: ワークショップ

わくわくワークショップ20th「廃材ガーデニンング」開催いたしましたー!

春を先取りしたいそんな訳でもないですが

寒い中でも春を感じたいですよね^^

2018年2月11日(日)

10:00~11:30

わくわくワークショップ20th

「廃材ガーデニング」

〜使わなくなったやかんや鍋に

緑や花を植えよう〜

開催いたしました〜!

 

△人気だった飯ごう炊飯と、

やかん、曲がった炊飯ジャー△

廃材とグリーンとの相性は最高です。

今回のワークショップは

かこ川商店で開催いたしました。

 

  △まずはやかんや鍋の器を選びます!

持ってこられた思い出の鍋で

造られるのも素敵ですね△

 

 

△私もドリルやってみたい!

なんでも経験!

お母さんと一緒にやってみます△

 

27912787_1720647571327199_2155087570080392658_o

♡今回ご協力いただいたのは

福山のおしゃれ花屋さんmiquniさんです♡

どのお花も可愛いことカラフルなこと!

女子興奮です♡

△初めてお花を植えました△

お水もお花を守りながら

周りからそろそろあげます。

△3家族9人のご参加でした△

使わなくなったやかんや鍋たちを

自分の手で生き返らせていただきました。

廃材 と「なにか」

この組み合わせかたによって

「捨てる」しかなかったものの見方が

「欲しい」ものに変わるかもしれません。

かこ川商店は今後も

廃材の新たな可能性を

創り出していきたいと

感じています。

〜お・ま・け〜

 

△タイヤのホイールで炭を起こし

焼き芋作ってもらいました〜△

寒いところでやるからには

焚き火に焼き芋ということで

お腹も満たされました♡

藤田さんありがとうございます!

(皮まで剥いでくれました!)

 

 

 

2018年2月13日 5:18 PM  カテゴリー: ワークショップ

廃材ガーデニングやってます♡

先日かこ川商店にある廃材に少し手を加え

緑を植えてみるという

なんともイケてる

廃材ガーデニングを行いました!

△捨てられるはずだった

やかんや土鍋たちがこんなにも

可愛らしく生まれ変わりました♡

 △現場の川上さんに

水はけ穴を開けてもらいます。△

硬いお鍋もあれよあれよと

穴が開いていきます。

△あとは「これとこれを組み合わせて〜♡」と

楽しい時間が訪れます。△

◇出来上がりです!◇

嗚呼なんて可愛いんだ。

廃材が生き生きとしています。

△現場の川上さんとぱちり△

普段の業務が違うため

話す機会は少ないですが

何かを共に造ることで

グッと距離が近くなれたように

感じます。

かこ川商店には

素晴らしい職人がたくさんいます。

今後も力を貸していただいて

共に廃材に新たな命を吹き込んでいきますよー!

\⁂次回告知⁂/

わくわくワークショプ20th

廃材ガーデニングします!

日時:2月11日(日)10:00~11:30

場所:かこ川商店

参加費:

リサイクルできる新聞・雑誌・本などとお花代 

どうゆうこと?と思ったあなた

詳しくはまた次回にお知らせいたします!

お楽しみに〜

2018年1月17日 4:27 PM  カテゴリー: ワークショップ

わくわくワークショップ19th@第6回LUXEATERの様子です!

▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽

☆彡

初めての夜空の下での

わくわくワークショップ19th@

第6回LUXEATER

☆彡

夜にもかかわらず

寒いにもかかわらず

来てくれるのかも不安でしたが

・・・

多くの人に参加して頂きました!

そのご様子です!

来てくれてありがとう!

▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼

 

△かこ川商店のブース△

廃材・端材を手前に出しています。

そこから使いたいものを

選んでいただきます。

 

△木のベースリースに

選んだ廃材・端材やデニムを

差し込んで行きます△

 

△子供も真剣な表情で創ります△

△大人の集中力もすごかったです!△

△夜5時〜夜9時まででしたが

お客様は途切れることなく

満員での制作は続いたのでした。

△マイナスドライバーを使って

リースに刺して留めて行くだけの

リース制作です△

▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼

☆彡

今回は共通のテーマ

「クリスマス・リース制作」でしたが

かこ川商店の用意する端材・廃材は

多種多様なため

選ぶものによっては

みんなの個性がよく表れた

わくわくワークショップに

なったかと思います。

▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼

△みなさんの笑顔が本当に嬉しい△

自分で好きなもの欲しいものを

思うように創れるって

できそうでできないものですよね。

かこ川商店は

みなさんの創りたいものの

お手伝いができるように

ものづくり環境を

もっと創っていこうと

考えています。

ぜひ今後のわくわくワークショップに

ご期待くださいませ

わくわくワークショップの出張も

行なっております。

ぜひ!

 

 

 

 

2017年12月26日 3:05 PM  カテゴリー: ワークショップ

1 2 3 5



engage


会社説明会申し込みフォーム

インディードの求人

荷受・計量時間のご案内
8:00〜17:00

休憩時間:昼12:00〜13:00 / 午後15:00〜15:15(常時オープンのエコステーションもあります)
定 休 日:日・祝
住  所:広島県福山市神辺町川南636-1

GoogleMAPを表示

お問い合わせフォームをご利用ください。弊社の担当者が、後ほど連絡いたします。なお、お問い合わせの前に「個人情報の取り扱いについて」をご覧ください。

お客様専用ダイヤルまでお電話ください。弊社の担当者が、直接お話を伺います。


お問い合わせ内容について (必須)
お問い合わせ内容 (必須)
お名前 (必須)
メールアドレス (必須)
メールアドレス確認用 (必須)
TEL (必須)
会社名(法人の方)
住所