株式会社かこ川商店

Category : なるほど知識(旧)

ごみ課題:高齢化社会のごみ捨て対応について

日々、ごみにまつわるニュースに

注視する中、

「自宅のごみを集積場まで運ぶのが難しい

高齢者が増加している」

との記事を見かけることが

多くなりました。

***

環境省のデータでは、

高齢者ブログ

今後も、総人口の減少と

高齢化率の上昇すると推計されており、

核家族化の進展による

高齢者のみの世帯の増加により、

ごみ出 しに課題を抱える世帯が

増加していくと考えられています。

*

そこで、従来の廃棄物処理体制から

高齢化社会に対応した

廃棄 物処理体制にシフトしていく

必要性が生じている。

とのこと。

国立環境研究所からは、

「高齢者ごみ出し支援ガイドブック」

高齢者ゴミ出し支援ガイドブック_ページ_01

公開されており、

課題や制度の検討プロセス・

ノウハウなどがまとめられている。

***

かこ川商店でも

地元で役立てることはないかと

検討を初めています。

片山町内会粗大ゴミ回収

まずは、粗大ゴミの日に合わせて

収集所まで

運ぶお手伝いです。

出したくても出せない状況を

改善することを通して

「だれ一人取り残さない」

SDGsおよび地域循環共生圏を担う

一企業として

地域づくりのお手伝いを

していけたらと思っています。

sdg_icon_11_jasdg_icon_18_ja

2019年7月3日 12:16 PM  カテゴリー: お知らせ(旧), なるほど知識(旧)

「can to can 」という言葉を聞いたことがありますか?

 

「CAN TO CAN」とは、

 

使用済みの”アルミ缶”をリサイクルして、

再び”アルミ缶”にすることをいいます。

 つまり、アルミ缶を何度も

繰り返し再生させる。

それが、「CAN TO CAN」です。

「CAN TO CAN」について詳しくはこちら

アルミニウムをリサイクルすると、

原料からアルミニウムを生産するときに比べて、

約97%のエネルギーを節約できます。

アルミ缶のリサイクルは、

地球の限られた資源の節約に

大きく貢献できるのです。

◇◇◇◇◇

 

本日は資源回収団体「MJクラブ(仮名)」

のおじさま達に注目して

アルミ缶のリサイクル活動について

お話していきます。

 

資源回収団体「MJクラブ」様は第2第4金曜日に

町内会の認可の下ったゴミステーションを周り、

アルミ缶をかこ川商店に

運搬収集していただいています。

アルミ缶の収益は

資源回収団体「MJクラブ」様の車両代や燃料代、

年に一度の温泉ツアーの資金の助けにされたり

また資源回収メンバーで

お寿司を食べに行かれたりと

使い方はもちろん様々です。

 

このようにかこ川商店では

資源回収団体の方達によって

収集されたアルミ缶を

再資源化へ繋げる活動をしています。

「限られた資源を大切に。

再生できるものは再生へ。」

言うのは簡単ですがいざ行動となると

ハードルがあがりますよね。

しかし

みんなでやっていこうじゃありませんか!

本日も「MJクラブ(仮名)」の活動は続きます。

応援しています!

 

2017年8月4日 9:52 AM  カテゴリー: かこ川の日常, なるほど知識(旧)

福山市リサイクルプラザの魅力〜其の1〜

IMG_4329_2

かこ川商店は6月24日(土)に

福山市リサイクルプラザにて

「福山の環境を守ろうデー」イベント内での

わくわくワークショップ開催いたしました。

その様子はこちら☟

わくわくワークショップ14thの様子

その際

普段は見られないリサイクル工場内部を

見学させていただきました。

リサイクル工場とは

福山市の一般ゴミがすべてこちらに集結するゴミ処理施設です。

詳しくはこちら☟

福山市リサイクル工場施設概要について

その工場見学の様子をご紹介いたします。

IMG_4260re

△普段は乗れない計量台の上に乗ってみます。

私たちって何キロなんだろう?△

 

 

IMG_4271moji

△3ヶ月に一度交換する「破砕機の刃」。

冷蔵庫などを粉々にする強力な刃だそうです△

 

IMG_4276切り抜き

△これはプラスチックベール(廃プラスチックを圧縮して結束したもの)

の重量あてクイズ。何キロなんだろう?

                           →答えは200kg!重!

19893660_1240804656048171_720918655_o

△リサイクル工場の模型。

UFOキャッチャーの様に

大きなクレーンでゴミをつかみます△

 

19830360_1240804662714837_1735879538_o

△中央制御室 異常があると

赤いランプが点灯します。

ここで巨大クレーンの操作も行います。△

IMG_4291pet

△そして印象的だったのがこの場所です。△

ここでは全て手作業で、

ペットボトルのキャップとラベルを外します。

(1日10万本)

とても暑くて、臭いがきつい場所でした。

ここで汗を流して働いている人の事を想像すると

ちゃんと分別への理解がないといけないな。と

改めて実感するのでした。

◇◇◇

「皆さんにペットボトルのキャップとラベルを

外してもらえると助かるんです」

ここで働く

福山市環境啓発課の方からの

切実なるお声でした。

◇◇◇

以上リサイクル工場の見学の様子でした。

福山市リサイクルプラザの魅力について、

〜其の2〜に続きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017年7月22日 4:42 PM  カテゴリー: お知らせ(旧), なるほど知識(旧), 道の駅ブログ〜地域活動〜




engage


会社説明会申し込みフォーム

インディードの求人

荷受・計量時間のご案内

8:00〜17:00

休憩時間:昼12:00〜13:00 / 午後15:00〜15:15(常時オープンのエコステーションもあります)
定 休 日:日・祝
住  所:広島県福山市神辺町川南636-1

GoogleMAPを表示

お問い合わせフォームをご利用ください。弊社の担当者が、後ほど連絡いたします。なお、お問い合わせの前に「個人情報の取り扱いについて」をご覧ください。

お客様専用ダイヤルまでお電話ください。弊社の担当者が、直接お話を伺います。


    お問い合わせ内容について (必須)
    お問い合わせ内容 (必須)
    お名前 (必須)
    メールアドレス (必須)
    メールアドレス確認用 (必須)
    TEL (必須)
    会社名(法人の方)
    住所


    ▼LINK▼