株式会社かこ川商店

Category : 事業者様向けサービス情報

工業用ミシンの引取にいってきました

繊維産業が盛んな福山市。全国的にも有名な、「洋服の青山」さん、デニム生地をつくっている「カイハラ産業」さんも福山市が発祥なんです。

今回はその繊維産業に欠かせない「工業用ミシン」の引取にいってきました。ミシンには普段使いの「家庭用」のほかに、「職業用」と「工業用」があり、家庭用より高速でかつ安定して縫えるように様々な機能を備えているそう。

お電話をいただいてから、お日にちをあわせてさっそく下見へ。

△しっかり使い込まれた年代物のミシン

現れたのは、立派なミシン。持ち上げた感じでは70~80kgありそう。天板がついていて、かつ、場所が2階のものもあり、一人で運ぶのは難しい…。ということで、当日はスタッフ2名で伺いました。

△アフター
△積み込みはパワーゲート付きのトラックで
2台引取のご相談だったのですが、20分ほどで作業完了。この後は、かこ川商店で解体分別し、適正に処分させていただきます。

この度は、当社をご利用いただきまして、ありがとうございました。

かこ川商店では、粗大ごみ・不用品の引取に迅速に対応する「すぐやる48」を宣言しています!まずはお気軽にお問い合わせください。
依頼内容 工業用ミシンの引取
エリア 福山市
作業時間 20分
作業人員 2名
トラック台数 1台
必要な費用 引取費+処分費

2020年11月13日 4:12 PM  カテゴリー: かこ川の日常, サービス情報ブログ, 事業者様向けサービス情報

眠っているその機械、大切な資源です!

つぎつぎに新しい機種が開発される機械や設備。購入当初は最先端でも、だんだん時代時代遅れになり、新しいものに買い替え、古いものはとりあえず倉庫に…。

みなさんのところには、そうやってしまいっぱなしになっている機械たちはいませんか?かこ川商店では、使わなくなり、運ばれてきた機械たちを、きちんと分別・解体し「できる限り再資源化させる」ということに取り組んでいます。

倉庫に眠る歴代のマシンたち

先日、クリーニング店を営む方から、「倉庫を片付けたい」とご相談があり、現地を下見に。すると、建物の中には、これまでお店を支えてきたであろう歴代のマシンたちがズラリ!

きくと、ここはお客様の先代が、開業した想い入れのある場所なのだそう。このスタートの場所を、更なる事業の発展に活かしたいと、今回かこ川商店にご依頼くださいました。

さあ!ここからは、かこ川商店の設備撤去隊の出番です!

まずは、細かい周辺状況を確認。倉庫の前には建物の軒下と2tトラック1台が停められる程のスペースが。運び出す機械たちの大きさ的には、2tトラックに1~2台乗せられるかどうか、といったところ。この条件から

  1. 機械をトラックに積む用のユニックと運搬用のトラックを倉庫前に配置 
  2. 建物の入り口付近にできるだけ機械を寄せる
  3. ユニックで吊って運搬用トラックに移動→運搬
  4. 運搬用トラックが帰ってくるまでの間に、次の機械をユニックでスタンバイ
  5. 2→4を繰り返す

というピストン輸送スタイルを組み立てました。

△運搬用トラックが帰ってくるまでユニックでスタンバイ
△ユニックから運搬用トラックに積み替え
△運搬用トラック出発!

作業当日は、お客様が現地にいてくださったので、運び出すものの判断をしていただけ、作業はとってもスムーズ。片付けを進めていく中で、当初の撤去予定以外の機械も追加で発生したのですが、その分にも対応する余裕があったほど。

△大きい機械は撤去完了!

トータル、2tトラック4往復で10台ほのどの機械を運び出し、撤去が完了。ご協力ありがとうございました!しっかり再資源化させていただきますね。

みなさまのお家や会社にも、使わなくなって眠っている機械たちはありませんか?片付けをすることで、スペースの活用だけでなく、限りある資源の再利用にもつながります。まずはお気軽にご相談ください。

事例データ

依頼内容機械の撤去
エリア福山市
作業時間3時間
作業人員3人
トラック台数5台分

▽あわせて読みたい

2020年11月9日 12:12 PM  カテゴリー: かこ川の日常, サービス情報ブログ, 事業者様向けサービス情報

古い家の片付けの悩み。作業分担で解決!

人生の節目にやってくる家の中の大掛かりな片付け。「業者さんに頼もうか…」となったとき、「どのくらいかかるのかな?」というのが気になるところではないでしょうか?かこ川商店では不用品片付けの目安として

  • ●2tトラック1台:30,000円から~
  • ●4tトラック1台:50,000円から~

をご案内しています。
詳しくは▶サービスページ「粗大ごみ回収」まで

その他ご要望やご予算に合わせて、ご提案させていただきますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

さて、今回は家の中の片付けのご相談をいただき、早速行ってまいりました。

使っていない家屋を解体し、そこの土地を有効活用するために、家の中を片付けたいとのことでした。下見にいってみると、さまざまなものが家の中に混在している状態。予算をなるべく抑えたいというご希望もあったので、以下の内容を提案し、お客様と作業を分担させていただくことに。

  • ●あらかじめ分別していただく
  • ●家の外に運び出して、不用品の種類ごとにわけて置いてもらう

そして作業当日。かこ川商店スタッフは、お客様によって家の外に出していただいたものたちを、フレコン袋に詰めてトラックに積み込んでいきます。

△たくさん!

あらかじめ分別していただくことで、スタッフの作業時間が減り、費用を抑えることができます。トラックへの積み込みもスムーズにできるように、外の置き場もざっくりとお客様と決めておきました。

△1日目終了。少し残った分はビニールシートで覆っておきます。

△2日目にて、地面が現れましたよ~

午前中に作業×2日間で、すべて搬出完了!あとはかこ川商店にて再度細かく分別し、処分&再資源化の手配をしていきます。

この度は、かこ川商店をご利用いただき、誠にありがとうございました。

事例データ

依頼内容 不用品回収
エリア 福山市
作業時間 午前中×2日間
作業人員 2名
トラック台数 2台

 

あわせて読みたい▽

 

引っ越しごみの片付けへ

家の片付け・粗大ごみ回収をお考えのお客様

2020年11月2日 12:16 PM  カテゴリー: かこ川の日常, サービス情報ブログ, 事業者様向けサービス情報

道がなければ作ります。印刷機運び出し大作戦!

本日はかこ川商店の「機械撤去」のご紹介

使わなくなった印刷機を引き取ってほしいとのご依頼でした。
さっそく下見にいってみると、ありました!工場の奥のほうに!

印刷機がおかれているところから搬出口までには、使用中の機械や棚が所狭しとならんでおり、そのままでは運び出すことはできそうにありません。

ということで、今回は運び出す道を作るところからスタートです!
搬出口までの間にあるものを丁寧に脇に寄せていきます。

△印刷機の場所から搬出口まで一本の道が開けました!

印刷機を運ぶには、ジャッキとハンドリフトという上げる・乗せる・運ぶができる手押しのリフトを使います。周りのものにぶつからないように、ゆっくりと工場のなかを移動。

ここでもう一つ難関が。
搬出口と地面との間には段差があり、そのままいくとハンドリフトから印刷機が落下・転倒の可能性がありました。そこで引取当日は鉄板を持参。建物に負荷がかからないように番木をおき、鉄板を設置し、スロープを作ります。これで段差もスムーズです。

△でてきました!

今回、引取のご依頼をいただいた印刷機は大小3台。大きい方は、4tトラックを使う必要があったのですが、道幅の問題で、工場の前まで4tトラックをつけることができませんでした。そこで、大型の印刷機は工場から出した後、そのままハンドリフトで近くに停めているトラックのもとへ。

△道中、印刷機が落ちないように、ベルトでしっかりと固定

△トラックに積み込みます

無事トラックまで到着。あとはクレーンで積み込んで、かこ川商店まで運搬し、解体・分別。原料として再資源化する部分・処分する部分にわけ、それぞれの場所へと送り出します。

これにて一件落着!

この度は、かこ川商店をご利用いただき、誠にありがとうございました。

事例データ

ご依頼内容 機械(印刷機)の引取
エリア 福山市神辺町
作業時間 半日×2日
作業人員 4名
トラック台数 2台

 

あわせて読みたい▽

捨てるだけじゃない!かこ川商店のお仕事 レトロなクリーニング店編

 

工場設備撤去をお考えのお客様

2020年10月30日 2:28 PM  カテゴリー: かこ川の日常, 事業者様向けサービス情報

チームプレーが光る!高所の解体撤去作業!

今日はガス切断での解体事例についてご紹介します。
先日、「ハンガードア」の枠組み解体のご依頼がありました。

△ハンガードアの枠組み

まずは下見。高所での作業になること、切断箇所が多いことなどから、経験豊富なスタッフとの検討の下、ガス切断をすることに。上部での作業用には、スーパーデッキタイプの高所作業車を準備しました。


△スーパーデッキは乗るところが広めの高所作業車

今回、ガス切断かつ高所作業、車や人の往来がある道に面している場所、ということで以下のように対策

  • ●上部で作業する人、下部の切断と交通整理をする人、とで役割分担
  • ●道の往来が比較的少ない土曜日に作業をする

加えて、ガス切断は火花がと飛ぶので、周囲のものに引火しないように、下部で作業をする人はその都度水をまいていきました。


△ガス切断中


△下部担当の人は作業と交通整理、水まきも同時に担います


△高所作業車の下にはカラーコーンをたて、注意喚起

横の部材は、切断→ある程度ためて下に降ろす、という流れなのですが、縦の部材は長さがあるので、切断したらユニックを使って吊りながら、地面に置いていきます。


△ユニック(クレーン付きのトラック)で慎重に降ろしていきます

おおよそ4日間ですべて解体撤去完了!解体物で買い取り可能なものは、かこ川商店で買い取りさせていただきました。

△すっきり!フリーダム!

この場所はこの後、どう活用されていくのでしょうか。お客様の事業のさらなる発展を楽しみにしています。

この度は、かこ川商店をご利用いただき、誠にありがとうございました。

事例データ
作業内容 ハンガードア(鉄)の解体・撤去
エリア 福山市
作業時間 4日間
作業人員 4名
トラック台数 5台

2020年10月27日 11:03 AM  カテゴリー: かこ川の日常, 事業者様向けサービス情報

1 2



engage


会社説明会申し込みフォーム

インディードの求人

荷受・計量時間のご案内

8:00〜17:00

休憩時間:昼12:00〜13:00 / 午後15:00〜15:15(常時オープンのエコステーションもあります)
定 休 日:日・祝
住  所:広島県福山市神辺町川南636-1

GoogleMAPを表示

お問い合わせフォームをご利用ください。弊社の担当者が、後ほど連絡いたします。なお、お問い合わせの前に「個人情報の取り扱いについて」をご覧ください。

お客様専用ダイヤルまでお電話ください。弊社の担当者が、直接お話を伺います。


    お問い合わせ内容について (必須)
    お問い合わせ内容 (必須)
    お名前 (必須)
    メールアドレス (必須)
    メールアドレス確認用 (必須)
    TEL (必須)
    会社名(法人の方)
    住所


    ▼LINK▼