株式会社かこ川商店

眠っているその機械、大切な資源です!

つぎつぎに新しい機種が開発される機械や設備。購入当初は最先端でも、だんだん時代時代遅れになり、新しいものに買い替え、古いものはとりあえず倉庫に…。

みなさんのところには、そうやってしまいっぱなしになっている機械たちはいませんか?かこ川商店では、使わなくなり、運ばれてきた機械たちを、きちんと分別・解体し「できる限り再資源化させる」ということに取り組んでいます。

倉庫に眠る歴代のマシンたち

先日、クリーニング店を営む方から、「倉庫を片付けたい」とご相談があり、現地を下見に。すると、建物の中には、これまでお店を支えてきたであろう歴代のマシンたちがズラリ!

きくと、ここはお客様の先代が、開業した想い入れのある場所なのだそう。このスタートの場所を、更なる事業の発展に活かしたいと、今回かこ川商店にご依頼くださいました。

さあ!ここからは、かこ川商店の設備撤去隊の出番です!

まずは、細かい周辺状況を確認。倉庫の前には建物の軒下と2tトラック1台が停められる程のスペースが。運び出す機械たちの大きさ的には、2tトラックに1~2台乗せられるかどうか、といったところ。この条件から

  1. 機械をトラックに積む用のユニックと運搬用のトラックを倉庫前に配置 
  2. 建物の入り口付近にできるだけ機械を寄せる
  3. ユニックで吊って運搬用トラックに移動→運搬
  4. 運搬用トラックが帰ってくるまでの間に、次の機械をユニックでスタンバイ
  5. 2→4を繰り返す

というピストン輸送スタイルを組み立てました。

△運搬用トラックが帰ってくるまでユニックでスタンバイ
△ユニックから運搬用トラックに積み替え
△運搬用トラック出発!

作業当日は、お客様が現地にいてくださったので、運び出すものの判断をしていただけ、作業はとってもスムーズ。片付けを進めていく中で、当初の撤去予定以外の機械も追加で発生したのですが、その分にも対応する余裕があったほど。

△大きい機械は撤去完了!

トータル、2tトラック4往復で10台ほのどの機械を運び出し、撤去が完了。ご協力ありがとうございました!しっかり再資源化させていただきますね。

みなさまのお家や会社にも、使わなくなって眠っている機械たちはありませんか?片付けをすることで、スペースの活用だけでなく、限りある資源の再利用にもつながります。まずはお気軽にご相談ください。

事例データ

依頼内容機械の撤去
エリア福山市
作業時間3時間
作業人員3人
トラック台数5台分

▽あわせて読みたい

2020年11月9日 12:12 PM  カテゴリー: かこ川の日常, サービス情報ブログ, 事業者様向けサービス情報




engage


会社説明会申し込みフォーム

インディードの求人

荷受・計量時間のご案内

8:00〜17:00

休憩時間:昼12:00〜13:00 / 午後15:00〜15:15(常時オープンのエコステーションもあります)
定 休 日:日・祝
住  所:広島県福山市神辺町川南636-1

GoogleMAPを表示

お問い合わせフォームをご利用ください。弊社の担当者が、後ほど連絡いたします。なお、お問い合わせの前に「個人情報の取り扱いについて」をご覧ください。

お客様専用ダイヤルまでお電話ください。弊社の担当者が、直接お話を伺います。


    お問い合わせ内容について (必須)
    お問い合わせ内容 (必須)
    お名前 (必須)
    メールアドレス (必須)
    メールアドレス確認用 (必須)
    TEL (必須)
    会社名(法人の方)
    住所


    ▼LINK▼