株式会社かこ川商店

地元の企業から出る”ゴミ”を使う、モノづくりワークショップです。

「わくわくワークショップ」は、地元の企業から出る廃材・端材を集めて、それらを用いてさまざまなモノを作る、モノづくりワークショップです。廃材を知ること、廃材に触れること、廃材を使ってモノづくりを体験することの楽しさと、その機会の大切さを実感していただける場を目指しています。


きっかけは「もったいない」という声。

かこ川商店は、不用となったゴミ(=廃棄物)のリサイクル(原料化)や処分を行っています。廃棄物処理に携わるなかで、「もったいないな」「なんとか活用できないかな」という感情を抱く事が多々あります。それは、ゴミを排出される多くの企業(あるいは個人の皆様)も同じで、「まだ何かに使えるのだけど・・・」という残念な気持ちをよく口にされます。そういった声を聞く中で、このようなゴミが集まる場所「かこ川商店」として「なにかできないかな?」と考えたのが、このイベントです。


リサイクル/リユースから見える未来。

世界中の多くの場所でリサイクル(Recycle)、リユース(Reuse)の動きが活発となっている今、人々の「ゴミ」の捨て方への意識は変わりつつあると思います。その中で私たちが伝えたいこと、それはゴミには様々な背景があり、多様な未来があるということです。自分にとって不用なものは、他の誰かにとっては価値のあるものかもしれない。そう考えると、リユースとリサイクルは楽しい、そう感じてもらえる情報発信や場の提供を目指しています。


地場産業っておもしろい、まちとの距離の縮め方。

地元の企業から排出される「ゴミ」という日頃あまり目にしない視点から観てみると、地場産業の特長ややっていることの多彩さに気づくことが。について知り、まち・地場産業への好奇心を生める場作りを目指しています。


子どもたちのクリエティブな”姿勢”づくり。

いっぱいの「ゴミ」に接することで、ゴミの捨て方や再利用の仕方というリサイクル/リユースの視点とは別に、「リサイクルって、なんで必要なのか?」「そもそも、ゴミってなに?」などの多くの疑問を持ってほしいと考えています。世の中で起こっている多様な物事、固定概念、そんなことにいつも「なぜ?」という疑問を抱く”姿勢”、そんな姿勢づくりを少しでも手助けできたらなって思っています。



荷受・計量時間のご案内
8:00〜17:00

休憩時間:昼12:00〜13:00 / 午後15:00〜15:15(常時オープンのエコステーションもあります)
定 休 日:日・祝
住  所:広島県福山市神辺町川南636-1

GoogleMAPを表示

お問い合わせフォームをご利用ください。弊社の担当者が、後ほど連絡いたします。なお、お問い合わせの前に「個人情報の取り扱いについて」をご覧ください。

お客様専用ダイヤルまでお電話ください。弊社の担当者が、直接お話を伺います。


お問い合わせ内容について (必須)
お問い合わせ内容 (必須)
お名前 (必須)
メールアドレス (必須)
メールアドレス確認用 (必須)
TEL (必須)
会社名(法人の方)
住所